トップページ > 骨粗鬆症

黒酢で骨粗鬆症を予防

骨粗鬆症とは、骨の密度が低くなり、骨そのものがもろくなってしまう病気のことです。

骨に『鬆(す)』が入ったようにスカスカになることが名前の由来で、わずかな衝撃でも骨折をしやすくなるところが特徴です。

重症になるとくしゃみをしただけで骨折する場合もあり、特に骨折=寝たきりになりやすい高齢者にとっては深刻な問題となっています。

厚生労働省によると、日本国内の骨粗鬆症患者は年々増加しており、推計では1100万人を超えているというデータが報告されています。

うち8割は女性患者が占めており、中でもホルモンバランスが崩れやすい更年期以降の女性に多く、60代女性では3人に1人、70代女性では2人に1人の割合で骨粗鬆症のリスクを抱えています。

また、最近では栄養不足による若年層の骨粗鬆症も増えており、ひとつの社会問題として注目されています。

骨粗鬆症の予防には、骨や歯の生成に関わるミネラル分『カルシウム』の補給が必要不可欠ですが、カルシウムはもともと体内吸収率の低い成分で、最もカルシウムの補給に適した乳製品でも、その吸収率は約4割にとどまっています。

そこでぜひとも役立てたいのが黒酢の吸収促進効果です。

黒酢には他の栄養素の体内吸収率を高める作用があり、特にカルシウムについては約50%も吸収率をアップさせる効果が期待されています。

黒酢は乳製品と合わせやすいので、牛乳で割って飲んだり、ヨーグルトに混ぜたりして習慣的に補給すれば、骨粗鬆症のリスクをしっかり予防することができます。

やずやの香醋

累計販売数1億袋を突破したやずやの香醋(香酢)は、黒酢が苦手な方にも大丈夫!
www.yazuya.com

伝統黒酢かめ吉【健康家族】

「カルシウム」と「鉄分」をプラス!本物の黒酢を使った健康食品。
www.kenkoukazoku.co.jp/