トップページ > 正しい飲み方と摂取量

黒酢ドリンクを飲もう

以前は黒酢と言うと料理の調味料として用いられるのが一般的でしたが、昨今の黒酢ブームにより、近年はドリンクとして飲用する方も増えてきました。

一般的な食酢は酸味がきつく、ドリンクとして飲むのは難しいところですが、黒酢は普通の食酢に比べて酸味が少なく、まろやかな味わいに仕上がっているので、お酢が苦手な方でもすっきり飲めるところが特徴です。

また、調味料として使用するよりも、一度に摂取できる量が多くなるので、健康・美容目的で続ける方はドリンクとして飲むことをおすすめします。

では、黒酢をドリンクとして飲む場合、どのくらいの量をどのように飲めば良いのでしょうか?

黒酢の正しい飲み方

黒酢は一般の食酢より飲みやすいことで知られていますが、酢に含まれる酢酸は刺激物の一種なので、飲むと胃に刺激を感じることがあります。

少量なら問題ありませんが、1度に過剰摂取すると胃に過度な負担がかかり、胃痛や吐き気、めまいなどの症状を引き起こす可能性があります。

そのため、黒酢を飲む時は空腹時を避け、1日30mlを上限としてゆっくり、少しずつ飲んでいくとよいでしょう。

たとえば1日3回食後に飲む方は、1回あたりの摂取量は10mlまでとなります。

また、原液のまま飲むと胃を痛める原因になりますので、水やお湯などで割り、濃度を薄めてから飲むと体に負担がかかりません。

オススメの飲み方

黒酢をドリンクとして飲む場合、水やお湯で割る方法が一般的ですが、お酢独特の風味が苦手な方にはデザート感覚で飲んだり食べたりする方法がおすすめです。

たとえば、牛乳やジュースで割ったり、果物と一緒にミキサーにかけてミックスジュースにするなど、お酢のきつさや酸味が和らぐ材料と一緒に飲んでみるとよいでしょう。

また、飲み物だけでなく、ヨーグルトやアイスに混ぜて食べると、さっぱりとした風味でおいしくいただけます。

もちろん、調味料として料理に使ってもOK。同じ味を毎日続けると飽きやすいので、さまざまなアレンジを加えておいしく、楽しく続ける方法を見つけてみましょう。

やずやの香醋

累計販売数1億袋を突破したやずやの香醋(香酢)は、黒酢が苦手な方にも大丈夫!
www.yazuya.com

伝統黒酢かめ吉【健康家族】

「カルシウム」と「鉄分」をプラス!本物の黒酢を使った健康食品。
www.kenkoukazoku.co.jp/